カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

芭弥汰句(ハヤタク)

Author:芭弥汰句(ハヤタク)
芭弥汰句(ハヤタク)です。
普段は北海道旭川市でWEBや販促デザイン・プランニングなどを行っています。
てんつくマンや武田双雲に影響を受け、子供の頃にずっとやっていた筆を再び持つようになりました。
自分の言葉や、過去の偉人の好きな言葉などを筆でつづっています。
自分の言葉を見たどこかの誰かが何かを感じてくれればいいなあと思っています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いのりをこめて

47.jpg



「いのちに力を
 のりこえられないことはない
 たりないことを悩まずに
 こんしんの力をこめて
 めの前をみて
 想いをこめて
    あしたのために」

 

 
 
祈る気持ちってのは尊いもの。
 
結果が良ければそれで良し。
 
結果がもし悪かったとしても落ちる気持ちを乗り越えて行かなければならないものです。
 
悪い結果を想像して口に出すと嫌がる人もいます。
 
悪い結果を想像して前に進もうとしない人もいます。
 
でも、前に進もうとするなら最悪を想像して最善を尽くすことも必要なことです。
 
やっぱりそんな時は祈ったほうが力出ますよね。
 



えいや!ってね。




スポンサーサイト

いじんのことだま 孔子「十有五にして~」

46.jpg



「十有五にして学に志して
 三十にして立ち
 四十にして惑わず
 五十にして天命を知る
 六十にして耳従う
 七十にして心の欲する所に
    従いて矩をこえず」

 
 



先日お世話になっている方に言われて調べた言葉。
 
人の心が成長するにはそれなりの月日が必要ということですね。
 
確かにオイラは10代はたいして勉強しなかったけど、30才を前にして転進しようと決意し、迷走を続けて今年40才になりやっと自分の道が見えてきたような気がします。
 
果たしてあと10年で天命を知ることができるか楽しみですね。
 
そして、60、70代になった時はどうなるのか、まあそれまで生きられればの話ですが。
 
でもすべての人が同じように悟れるようになるとは思いません。
 
それなりに考え、行動し、学ぶことをしなければ人は成長しないのではないでしょうか。
 
そう考えれば、人生色々なことが起きて立ち向かわなければならないとしてもそう悪いことではないのかもしれませんね。
 



わがみち

45.jpg




「わきあがる想いを
 がまんするな
 みらいを信じて
 ちゃれんじあるのみ
    ひとつづつ
    いっぽづつ」

 
 
 
 
 
心の中で沸々と湧き上がってる想い。
 
本当にやりたいことができた時に取り組めるかどうかって人生を楽しむためには大切なこと。
 
それがもし、犯罪や人に迷惑をかけるようなことでなければ一歩踏み出すべきです。
 
その一歩が小さくても、何も進まない人よりは意味があるのです。
 
もし少しづつでも進むことができるなら、何も踏み出さなかった人よりは遥か先に行っていることでしょう。
 




こどもたちへ

44.jpg




「こせいを大切にし
 せつどをもって行動し
 ものごとの本質をとらえ
 たるを知ろう
 ちからのかぎりやりとおし
 べストをつくせば
    未来は拓ける」

 




 
未来をにぎっているのは子供達です。
 
だからオイラには子供たちに生き方をちゃんと伝えていくことが出来るような事業が将来出来ればと漠然とだけど考えてたりする。
 
もう一度言うが未来をにぎっているのは子供達です。
 
それなのに何故今の世の中は子供たちに酷な生き方を強要し、年長者を甘やかすようなことを繰り返すのか。
 
今は厳しいかもしれないけど未来を拓く力は誰もが持っていることを子供達や若い人には知って欲しい。
 
 


 
そして、その前にオイラを含めて大人がちゃんとしなきゃね。





ことばのちから

42.jpg



「こころの奥のものを
 ときを越えて
 ばいぱすしよう
 のうりょくを超え
 かちを作り出し
 かんじょうに流されず
 さらに上を見よう」

 
 
 
 
 
オイラは何故筆を持ったのだろうか?
 
そんなことを時々考えることがある。
 
普段はデジタルな仕事ばかりしていて自分だけの表現を出来る人が羨ましかった。
 
ちょっとしたきっかけで子供の頃持っていた筆を再び持つようになり自分の中に詰まっていた思いが溢れ出てきた。
 
だからほとんどの言葉は自分のために書いている。
 
だからどう伝わるかは分からないけど書きたいように書く。
 


言葉の力を信じて。





かんじるこころ

41.jpg





「かんをはたらかせろ
 じょうきょうを感じとれ
 あせることなく
 おきてないことをおそれずに
 こうどう起こし
 かつろを見いだせ」
 







出来るやつでありたいと思うので感はするどくありたいと思うのです。
 
チャンスは時々時代の波に乗ってやってくるけど目に見えるものではないですからそう上手くつかめるものではないと思っています。
 
それを感じとる力がなければそれがチャンスだとさえ感じないことでしょう。
  
ましてや、必ずしも上手くいく事ばかりとは限らない。
 
出来る人に言わせればチャンスはそこらじゅうに転がっているいいますよね。
 
少なくとも自分はまだそんな境地には達していませんから、まだまだ人生の修行は必要なようです。
 
もっともっと自分磨きしていきたいですね。






わらっていよう

55.jpg




「わっはっはっはっ!
   わっはっはっ!
 つらいことがあったって
 悲しいことがあったって
 いきてる意味ができるなら
 よけいなことなどありゃしない
    自分自身のありかたを
 どう感じるかは自分次第」


 
 
 

 
 

気の持ちようっていいますよね。
 
でも、辛い時や悲しい時はかなり難しい。
 
積み重なっちゃったらなおさらです。
 
いつか乗り越えれば大きな学びを得られるはず。
 
楽しいことや笑えることは心をいい方向に少しだけ戻してくれます。
 
だから自分に笑いを与えてください。
 
 
 
 
 
そういや、わっはっはっはっ!ってアニマル○口みたいっすね。
 
でも、あれはどうかな~(^^;)
 
 
 

きっとよくなる

43.jpg
 




「きもちがあれば
 次につながる
 とりあえずでいい
 よわい自分をさらけ出し
 くろうの道をいとわない
 なやみに悩んで
 笑いに変える
   あきらめなければ
        次がある」

 








心が弱っているなら無理に立ち向かう必要は無い。
 
でも、留まっていても病んでしまういっぽう。
 
無理やり何かを守るために自分に負荷をかけ続けても上手く行くとは限らないです。
 
その先にある気持ちさえ持っていればいつか先に進めるはず。
 
でも、心を守るためには悩む心をひっくり返してみよう。
 
すべてをあきらめる必要は無い、でも目の前のことをあきらめる勇気は必要かもしれない。
 
何かは分からないけど何かを変えれば、きっとよくなる。
 
その時のことが笑える日がきっと来るはず。
 
 





 
 
少し暗闇に入ってしまった友人に捧ぐ。

keyholder1.jpg



ディクル工房の清水さんより素敵なストラップが届きました。

ありがとうございます。

大切にしたいと思います。



ディクル工房
http://dicl.jp/






きっとできる

DSC_3566a.jpg




「きもちをぬかず
 つづけていよう
 とどまっていても
 できないことが多くても
 ときのかずだけ
 意味がでてくる」







やりたいことや夢があるんだけど自分では頑張っているつもりなのにナカナカ前に進めない、そんな人に送りたい。

時代の流れや、自分に置かれた状況で物事が上手く進むタイミングというのは人それぞれです。
 
それでも、前に進もうとしている人にしか扉は開きません。
 
続けることに意味があることもきっとあるでしょう。
 
もちろん、続ける意味の無いことがあるかもしれません。
 
でもそれを知るためには続けてみるしかないのです。
 
やる前からとか、少しやってみて分かったつもりはだめですよ。




 
山中教授がiPS細胞の実験でノーベル賞取りましたね。
 
信じて続けた結果だと思います。
 
オイラはまだまだできてないなぁと思いましたよと。




答えがあるはず

DSC_3229a.jpg



「夢なんでわいてくるもんじゃない
 希望なんてしぼりだすもんじゃない
 だから目の前のことをひたすらとりくめ
 経験と学びの先に
     答えがあるはず」





 
 
それなりに満たされてたりするのに、景気は悪いし世の中は不安定で夢も希望もなかなか持てない今の子供達や若者達。
 
こんな状況にしてしまったのは誰って思ったりもしますが、そんなこと言ってもしょうがないので今を生きるしかありません。
 
最近、もがき苦しんだ者だけが達していく心のあり方を感じるようになりました。
 
そう考えたら色々ある世の中も意味があるのかもしれません。
 
とにかく行動していくしか何も起きることがありません。
 
行動するから未来が拓けるのです。
 
その先に人生の答えがあるのかもしれませんね。





メッセージTシャツデザイン展2012

写真 (17)

写真 (16)

写真 (15)


旭川Ashにて
10月19日(金)から10月21日(日)
「aadcメッセージTシャツデザイン展」巡回展を開催しています。

オイラの作品もあるからお近くの方は見にきてね。




いきるみち

DSC_3556a.jpg





「いっしょうかけて
    取り組むことが
 きっとどこかに
 あるはずさ
 みんなとおる道
  だけどどこか
    ちがう道」

 
 
 
 
 
人間どこかの誰かと同じような人生かもしれないけど、まったく同じようなことなんてありえない。
 
自分だけの人生だから何か一生取り組めるようなことがあるときっと生き方が変わってきますよ。
 
そんなの無いよという人は目の前にあるもの、進められるものをやってみましょう。
 
進路変更はその都度すればいいのです。
 
自分の生き方ですからね。


 

 
 

かべをこえろ

DSC_3567a.jpg




「かんがえすぎるな
 ベストを尽くせ
 こたえがみえなくても
 うしろをみるな
 こえた先には答えがあるはず」

 
 
 

 
 
人間生きていると思ったようにいかないことが多々あります。
 
常にそこから逃げる人もいますが、そんなのきっと正しくないですよね。
 
だからって思い悩むのも無駄。
 
心が浪費するだけです。



 
オイラの好きなてんつくマンの言葉で仕事場で目の前に飾ってる言葉なんですが、

『壁は越えれるひとの前にしか現れず超えれる高さだけ選ばれてやってくる。だから超えれる!!』


っていうのがあって、そのとおりというかそう思うことが大事なんだと思うのです。


 
ポジティブで逃げ場のない考え方なので大変だけど好きな言葉。


 
もともとネガティブな自分にはコレぐらいがちょうどいいのです。
 
 

 


しあわせ

DSC_3562a.jpg




「しんけんに考えてみよう
 あすを想像して
 わだかまりのない
 世界を創り出そう
   幸福は常に心の中に」

 
 
 
 
幸せって何でしょうね。
 
 
 
満足感?
 
 
 
達成感?
 
 
 
平穏?
 
 
 
 
 

人によって感じ方はさまざま。
 
 
常にたどり着かないような気がしますし、今だって幸せって感じることは十分出来ます。
 
 
それを求めるために自分より外の世界があり、それを感じ取ることができ、そして考えることが出来るのかもしれません。
 
 
 
 
幸せって何でしょうね。






| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。