カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

芭弥汰句(ハヤタク)

Author:芭弥汰句(ハヤタク)
芭弥汰句(ハヤタク)です。
普段は北海道旭川市でWEBや販促デザイン・プランニングなどを行っています。
てんつくマンや武田双雲に影響を受け、子供の頃にずっとやっていた筆を再び持つようになりました。
自分の言葉や、過去の偉人の好きな言葉などを筆でつづっています。
自分の言葉を見たどこかの誰かが何かを感じてくれればいいなあと思っています。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏祭りです!(烈火七夕祭り・大雪連合神輿)

IMG_1837.jpg

夏です。

ということで、大雪連合神輿の上で舞うらしく扇子の字を頼まれました。

で、出来たのがコレ。

IMG_1841.jpg


いやー、扇子難しい!

多少濡れても大丈夫なようにアクリルで書いたので余計です。


そのざまをフェイスブックに投稿していたのを見て自分にも書いて欲しいと頼まれまして書いたのがコチラ。
 
上の扇子や支給だったので在庫してたウチワに書きました。

こちらは烈夏七夕祭りで舞うようです。


なんとか時間作って見に行きたいな~



IMG_1851.jpg



詳しい情報はコチラ

http://www.rekka.org/

http://www.ccia.or.jp/event/summer_fes/

http://www.ccia.or.jp/event/summer_fes/3rd.html
スポンサーサイト

翔子の書 心

IMG_1454.jpg

IMG_1457.jpg

IMG_0520.jpg
 
 
金澤翔子さんの新書「翔子の書」を買いました。
 
 
素晴らしい書に触れると心が震わされ、書きたい心が湧いてきます。
 
 
彼女は自分より遥かに若く、ダウン症という障害を持っていますが、その純粋な心から出るからこそ人の心を打つのかもしれません。
 
 
そういう意味では、オイラの書がそこに達するのは到底無理な話ですが、そこはそれ自分なりの表現が追求出来ればいいと思っています。
 
 
みんな与えられた運命や、生きてきた状況は違うけどそれなりにというか、だからこそという事があるのではないかと思うのです。
 
 
それが何かを見つけられたらきっと幸せだろうし、もし人生の時間を費やすことが出来るならまた良しでしょう。
 
 
その為には目の前のことに取り組まなきゃならないし、探し続けなければならないと強く思いました。
 
 
 

展示会します(たぶん)

1346_548301211873338_803215594_n (1)


9月に市内某病院で展示会が出来そうです。
 
 
詳細が分かってきたらお知らせします。
 
 
展示会のために既存作品の体裁を整えています。
 
 
新しい技法の作品とかも展示出来ればいいなぁと思っています。
 
 
ちゃんと展示して見てもらうのは初めてなので何か緊張しますね。
 
 
イベントもあるから頑張らなきゃ。
 
 
色々と話を持ってきてくれる周りの人への感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
少しづつ何かが動き出している予感です。
 
 
やはり、自らが行動する、積極的に発信するって大事だなと思います。
 
 
どんなに素晴らしいものがあっても受け身では何も始まらないことをこの歳になってつくづく感じます。
 
 
だから何かをしたいって衝動のある人はどんどん行動して欲しいですね。
 
 
あ、悪いことは別ですよ。

くまもん

1075854_546396032063856_1207513115_n.jpg


墨が無くなったので近所の本屋さんに行くとクマモン発見。
 
 
練習用の墨なのでつい買ってしまいました。
 
 
もはや、国民的ゆるキャラ?
 
 
どこにでもいますね。
 
 
踊らされている感満載ですが、まあかわいいので良しとしましょう。
 
 
それにしても、一地方のイメージキャラここまでくると凄いな~。
 
 
でも一時的な流行で終っちゃうんだろうな~。
 
 
日本人の悪いところですね。
 
 
 
 

aadc展2013 みせT「お店の広告Tシャツ展」

IMG_1717.jpg

IMG_1695.jpg

IMG_1712.jpg


aadc展2013 みせT「お店の広告Tシャツ展」
http://aadc.jp/news/?p=142



所属する旭川広告デザイン協議会の展示会に出展しています。

今回は、手を上げていただいたお店・企業のTシャツを合わせて7点出していますので良かったら見に来てくださいね。

他にも沢山のTシャツデザインが飾られていて楽しい展示会になっています。

よろしくお願いいたします。



aadc展2013 みせT「お店の広告Tシャツ展」
宮下通11丁目(上川倉庫「倉囲夢」内)~旭川駅から歩いて5分
デザインギャラリー
2013.7.13(火曜)~28(日曜) (月曜休館)
10時~18時(最終日16時まで)

◎ 駐車場情報/上川倉庫「倉囲夢」内
1時間200円
お隣の「大雪地ビール館」でランチされた方は無料になります。

創業は易く守成は難し

DSC_0410aa.jpg


所属する異業種交流会のキャッチフレーズということで書いてみました。
 
 
元は漢文の古典「貞観政要」や「唐書」から名言です。

引用
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
何事であっても、物事を新しく始めることは容易だが、すでに出来上がっている事を引き継いで、衰えないように守っていくことは難しいということ。
「創業」とは、新しく事業を始めること。
「守成」とは、築き上げたものを守り続けていくこと。
唐の太宗が側近に「帝王の業は創業と守成と、どちらが難しいか」と尋ねたときに、房玄齢は「創業が難しい」、魏徴は「守成が難しい」と答えた。
それに対して太宗が「創業の難事は過去のこと。今は守成の難事にあたろう」と答えたという故事に基づく。
国家を建設することよりも、それを維持することのほうが難しいという意からできたことわざ。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
故事ことわざ辞典




簡単に言えば、何かを創めることよりも守り続けることの方が難しいといったところでしょうか。
 
 
創めるための勇気や、障害を乗り越えるのがまず難しいと言う人は多いかと思います。
 
 
しかし、じょじょに色んなことが崩壊しつつある今、守ることの難しさを知る人や、新たな始まりを強要されてしまう人もどんどん増えてくることでしょう。
 
 
いざそうなる時に困ることの無いように少しでも余裕のあるときに考えたいものです。
 
 
 
まあ、そう思っていても緊急じゃないことへの準備なんてそう出来ないのも人間らしいですが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この書、異業種の例会ではいまいち不人気でした。
 
 
自分の言葉じゃないからオイラの想いが篭ってないのかもね。しょうがない。(笑)

差別化

IMG_1586.jpg

IMG_1573.jpg


千字文の臨書です。
 

筆を持っている時間から言えば、作品を作っている時間よりもこういう稽古の時間のほうが遥かに長いです。
 
 
それは何故か?

 
おいらのように筆でメッセージや詩を書く人って結構沢山いるのですが、独学だとか書道は殆どやってなくて思うままに書いているって人も多いように感じます。
 
 
逆に書道家らしい人は一筆入魂というか、芸術性を追及している人が多いのかなと感じます。
 

欲張りな自分は両方という気持ちもあるし、自分の作品の伸び代を増やしたいという想いがあります。
 
 
ひょっとしたら、少なからずメッセージを書きながら書道を追求している人もいるのでしょうが、同じように筆を持っている人達の中で少しでも差別化になればと思っています。
 
 
何よりも自分の中の何かを高めることでどんな作品が生まれてくるのかが楽しみなのです。
 
 
だから今日も稽古に励みます。

走「はちろく」

IMG_1446.jpg


IMG_1450.jpg


車好きでレースが趣味の友人が発注してくれました。
 
人の繋がりで仕事がもらえる事に感謝です。
 
自分はそういうところ(営業)はマメではないので少しづつ人の繋がりを大切にしていくしかありません。
 
この道がどこへ向かうか分からないけど、自分のやりたい気持ちを大切にして行きたいと思うのです。
 
すこしづつ。

一歩づつ。

「穏やかロール」ロゴ

odayaka.jpg


幌加内町のお蕎麦屋さん「せい一」のオリジナルロールケーキ「穏やかロール」のロゴ書きました。

幌加内産そば粉を使った美味しいロールケーキ。

是非、食べてみてください。

 
食べログ せい一
 
ちなみに、ここの蕎麦食べて風味が云々とか、水っぽいとかいうやつは別なところで田舎そばを食べることをオススメします。(笑)

東欧料理研究家横山ダイキ・アディナ夫妻がライナー感謝祭に

ライナー感謝祭に、ホームページでお世話になっている横山ダイキ・アディナ夫妻が遊びに来てくれました。

横山さんの好きな言葉「本気」と「強気」と団扇に書かせていただきました。

ありがとうございました。

東欧料理研究家アディナ&東欧キッチン ママ・マーレ

942945_139887522882087_1179813265_n.jpg
1044436_139887509548755_1244802693_n.jpg

2013ライナー感謝祭無事終了しました

1003280_598341036865655_852491928_n.jpg
1000093_538640629506063_1292091019_n.jpg

ライナー感謝祭無事終了しました。
来ていただいた方々。
そして、ライナーのスタッフの方々ありがとうございました。

色々勉強になりました。
これを生かしてまた次に進みたいと思います。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。